当面の活動方針

(1)衆議院選挙での市民と野党共闘の統一候補の擁立へ取り組む

・ 衆議院五区補選と今回の参議院選挙での市民と野党共闘および統一候補擁立の取組みは、間違いなく選挙結果に大きな影響を与えており、その成果も着実に上げ ている。これからの国政選挙においても、この動きを止めることなく、取組みをすすめていかなければならない。はやいうちに政党と市民の風との懇談・協議を おこない、時期をみて政党への申し入れや、政党や市民団体との協議の場を設けていく。

(2)憲法改悪阻止と安保法制廃止・立憲主義回復をめざすことに取り組む

・ 衆参両院において憲法改悪に前向きな政党・議員の数が3分の2を超えたといわれる状況となり、安保法制廃止・立憲主義回復をめざすことはもとより、憲法改 悪への動きを阻止していくことが急務となってきた。改憲問題については、まだまだ市民の間にも、この問題の重要性の認識がすすんでいない現状をふまえ、 様々なかたちで周知・広報に取組むとともに、学習会や集会を開催していく。また、志を同じくする市民・市民団体や労働団体、政党などに「改憲阻止総がかり 運動」の立ち上げを呼びかける。

(3)市民が自発的・積極的・主体的に政治に関心を持ち、政治に参加する運動へ取り組む

・ 市民が自発的・積極的・主体的に選挙活動に参加するだけでなく、日常的に政治に関心を持ち、政治に参加していくための運動をすすめていく。そのために日常 的に集会、講演会、ミニ学習会や政党・議員との懇談会、映画会などを企画し、開催していく。また、スタンディング、ポスティングなどの宣伝活動にも取り組 んでいく。さらに、TPPや憲法問題、安保問題などの様々な政治的争点についてテーマ別のチームを立ち上げ、市民自身による学習や運動をすすめていく。

(4)幅広い市民へ「市民の風」への参加を呼びかけ組織の拡大・拡充をはかる

・ 平和を願う幅広い層の市民に対して、「戦争させない市民の風・北海道」への参加を広く呼びかけていく。これまでの「戦争させない北海道をつくる市民の会」 の賛同人には、新たな「市民の風」への参加登録を呼びかけるとともに、九条の会などの市民団体や護憲団体・平和団体の会員にも新たな参加を呼びかける。さ らには、それ以外の市民や市民団体・宗教団体などにも各種集会や学習会・懇談会への参加や連携を呼びかけていく。

(5) 当面のスケジュール

① 南スーダンからの撤退をスタンディング

千歳で毎月2回、第1、第3土曜日 11時から約1時間行う

9月 3日 千歳神社近く(お祭り)

9月17日 千歳グリーンベルト 札幌は、午後2時から北部方面総監部前

10月 1日 千歳グリーンベルト

10月15日 千歳グリーンベルト

② 「新聞読んで語ろう会」、隔週の水曜日開催、18時30分~20時30分

9月 7日(水) かでる2・7 6階和室すずらん

9月21日(水) エルプラザ4階 研修室1

10月 5日(水) エルプラザ4階 研修室3

10月19日(水) かでる2・7 6階和室あかなら

11月 2日(水)  会場未定

11月16日(水) 会場未定

11月30日(水) 会場未定

③ 9月24日のシンポジウムの成功

「市民が変える・政治を変える -市民と野党の共同をすすめるシンポジウム2016-」

日時・会場 9月24日午後3時から6時 TKP札幌カンファレンスセンター(北7西2)

主催 市民の風、医療九条の会

以上