「市民と政党の対話集会」にご参加ください

2019年の4月には、ここ海北道におけるドップリーダを選ぶ北海道知事選挙があります。私たちの住む北海道はいま、泊原発の稼再働問題、J.Rの路線廃止問題、人口減少と疎過問題など、じつに様々な問題を抱えています。憲法の精神を生かして、私たち北海道に住む住民・市民が、平和でゆたかに暮らせる道政の実現のためにも、私たちが望む北海道の未来のあり方を、市民と政党との共同による統一候補の実現ので見出し、勝利をしなければなりません。そのために市民はどうすればいいのか?政党はどうすればいいのか?市民と政党との率直な対話の中から、大きな共同の輪と力強い絆を作りあげていきたいと思います。

7月28日(土)15:30-17:30 (開場15:00)

北海道自治労会館SF大ホール

(札幌市北区 6条西7丁目5 – 3 )

政党出席者

立憲民主党 佐々木隆博代表 市橋修治幹事長

日本共産党 青山慶二道委員長 畠山和也前衆議院議員

国民民主党 徳永エリ代表 平賀貴幸幹事長 

社会民主党 諸岡廣志副代表 浅野隆雄幹事長

コメンテーター 上田文雄 

コーディネーター 川原茂雄

入場無料

主催:戦争させない市民の風・北海道

共催:医級九条の会・北海這、市民連合北広島

★集会後に自治労会館3階でビールパーティがあります。参加費は1500円です。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です