北海道での市民と野党の共闘実現を四野党に要請しました。

市民の風・北海道は、昨日(9月22日)記者会見を開き、衆議院選挙での北海道における市民と野党の共闘と統一候補の実現をよびかける声明を発表し、民進党道連、日本共産党道委員会、社民党、自由党に対して、1日も早く共闘実現への協議をすすめることを要請しました。
民進党道連の市橋幹事長は、「道連は衆議院の闘争方針に野党共闘を進めると明記している。共闘実現を)民進党本部にもしっかりと求めていく。
確固たる野党共闘を築きたい」と明言しました。
日本共産党道委員会の千葉書記長は、「北海道では、これまで市民と野党の共同の取組みの成果があり、連携の土壌を耕して来た。民進党道連との協議では、必ずや一致点見出せると確信している」と明言されました。両党の責任者の発言からも、ここ北海道での市民と野党の共闘実現への確かな手ごたえを感じました。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です