市民と野党の共闘合意にむけての提案

12月21日(水)札幌エルプラザにて「市民と野党の共闘をもとめる2区の会」のキックオフ集会が開催されました。その場で、市民の風・北海道共同代表の川原さんから発表されました「安倍政権の暴走を止めるための市民と野党の共闘合意にむけての提案」をお知らせします。この提案は20日の事務局会議で検討し、この方向で取り組むことを市民の風として確認したものです。様々な団体・個人がこの取組みを共有し共同の取組みとしていただけますよう提案させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
安倍政権の暴走を止めるための市民と野党の共闘合意にむけての提案

・安倍政権の暴走を止めて、憲法改悪の企みを阻止するために、来るべき衆議院選挙では立憲野党の議員が国会の議席の三分の一以上を占めることを目指す。

・そのためには来るべき衆議院選挙で、市民と野党の共闘による統一候補者を擁立し、北海道12の選挙区で一人でも多くの立候補者の勝利を目指す。

・市民と野党の共闘による統一候補者の実現のために、北海道12の選挙区すべてにおいて、安倍政権の暴走を止めるための市民と野党の共闘合意の形成を目指す。

・安倍政権の暴走を止めるための市民と野党の共闘合意の形成のために、北海道12の選挙区すべてで、市民と野党の共同行動と政策協議をすすめるための組織(市民と野党の共闘を求める○区の会)を結成していく。

・安倍政権の暴走を止めるための市民と野党の共闘合意の形成のために、北海道12の選挙区すべてで、市民と野党および立候補予定者との間で、一緒に取り組めるものについては共同行動(集会・シンポ・語る会・街宣・スタンディング等)をおこなっていく。

・安倍政権の暴走を止めるための市民と野党の共闘合意の形成のために、北海道12の選挙区すべてで、市民と野党および立候補予定者との間での政策協議をすすめ、一致できる政策については政策合意をはかっていく。

・安倍政権の暴走を止めるために、北海道12の選挙区において、市民と野党の共闘合意にもとづいて統一候補者の擁立が実現できた場合は、市民と野党と統一候補者との間で、衆議院選挙を一緒に闘うための共闘協定・政策協定を結んでいく。

2016年12月20日
戦争させない市民の風・北海道
連絡先 事務局 小林久公 090-2070-4423
メール1-siminmado@freeml.com

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です