17日森友問題で緊急アクション。呼び掛け

市民の風・北海道は17日(土)午後、2つのイベントを予定しています。チラシ添付
1つは立憲民主党との市民の大対話集会で、午後2時から、自治労会館(北区北6西7)5階ホールで開きます。
本道選出の立憲民主の衆院議員7人が出席し、最新の国会状況をはじめ、立憲民主が目指すところを熱く語ります。
また、市民からの疑問に答えます。

2つ目は、判明したばかりの文書改ざん問題に焦点を当て、安倍内閣に総辞職を迫る「森友アッキード事件徹底追及」緊急アクションです。
こちらは上記の大対話集会が終わった後の午後4時30分をメドに、札幌駅前南口広場で街宣活動として開きます。
大対話集会参加の衆院議員に加え、共産党、社民党、そして「市民の風」の弁士らと市民の共同で、民主主義破壊の安倍政権を糾弾します。

2つの催しはそれぞれ連携していますが、どちらかに参加することも可能です。
政治を変えるには市民の意思表示することが、まず第1歩です。
北の大地から、政治を変えていきましょう。
この情報を、どんどん拡散してください。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です