『新聞読んで語ろう会』 10月18日例会報告

10月18日に行いました『新聞読んで語ろう会』例会の活動報告です。
選挙期間中でしたが、参加者は7名でした。持ち込み記事は、全部で5件。

1. 権力ゲームとなった政治こそ「国難」(混沌(カオス)の正体 2017参院選)

2. 安倍政権が「最大の国難だ」 (浜矩子さん、総選挙2017 今 言いたい)
以上二つの記事のうち、1.は前回も別の方が持ち込まれた記事でしたが、今回再び題材になりました。2.の記事と合わせて何が「国難」でありそれをどうしたら良いかを国民に問うて総選挙に踏み切ったと言う安倍首相に対する、かなり痛烈な批判記事でした。
こうしたアベ政治や国政に対した批判記事が、どれほど国民に伝わっているのか?という疑問が残ります。

3. 英国が、2040年からガソリン車やディーゼル車の利用を禁止し、公道を走るすべての車を電気自動車にすると宣言した。(8月2日、アムネスティ国際事務局発表ニュース)
この記事は、電気自動車は環境にはクリーンかも知れないが、その電気自動車に使われる電池材料に必要なコバルトの採掘が、産地であるコンゴなどで、子供の労働者も多い中で極めて低賃金で劣悪な労働環境を強いている可能性があり、こうした人権侵害の恐れがある事業について、自動車生産企業に対して、どのょうな対策をするのかという方針など明らかにすべきだという内容です。
世界中が金儲けが第一目的になっているような現代社会において、表向きクリーンな新たな事業も、必ずと言って良いほどその陰で苦しむ弱者がいるというジレンマを、解決してゆく事は出来るのだろうかという、途方に暮れた気分になります。

4.日本国最高裁判所裁判官国民審査
これは、総選挙に合わせて行われる国民審査の用紙のひな型を載せた記事で、罷免したい裁判官に×印をつけるが、それ以外のもの(例えば〇印など)を書いたものは用紙丸ごと無効になるという確認のために提出したものです。
ここで、自分は司法のあり方に納得できない部分がありそれを意思表示するため、すべてに×を付けるという意見もありました。

5.まかれながら、まき返す (北海道新聞10月15日、異聞風聞より)
この記事は、次回持越し記事とななっています。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です