ブラックアウトに関する質問書を北電に提出しました(脱原発をめざす北電株主の会)

脱原発をめざす北電株主の会(代表・小林善樹、事務局長・関根達夫)は、先般の地震で起きたブラックアウトに関する質問書を北電に提出いたしました。
(添付PDFをご覧ください)

質問の内容は主に道新でこれまでに報じられている記事を基に、不明な点を挙げました。

また、主にネット上で蔓延している「泊原発が稼働していればブラックアウトは起きなかった」という珍説についても、北電の見解を求めています。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です