メディアアンビシャスからの案内

第9回メディア・アンビシャス大賞
[映像部門]の候補作品

13(土)14(日)に集中上映

メディア・アンビシャス(代表世話人・山口二郎法政大学教授)は2009年に市民活動としてスタートしました。
市民の側に立つジャーナリズムにエール(応援)を送ることを目標にしています。
活動の一環として、毎年1回、会員が日ごろ接するテレビ映像、新聞記事などの中から、優れた報道を推薦し、投票及び選考で大賞ほかを決めています。

2018年1月9日

市民の皆さんの参加を!

大賞の候補は2017年1月1日からの1年間を対象に、会員から [映像部門]で61件、[活字部門]で26件が推薦されています(当会ホームページへ掲示)。
昨年12月に開いた第一次審査では、推薦者からの説明を受けて話し合い、さらに候補の多い[映像部門]では1月に上映する作品を絞り込みました。
スケジュールは右ページに記載の通りです。会員外の市民の参加も歓迎しており、途中出入りは自由です。

 今後の日程は、28日に開く最終審査会で追加候補も加えて各賞を確定します。投票は会員のみ。メディア企業に現在お勤めの方は選考への参加はできますが、投票権はありません。

表彰式は3月4日(日)に予定しています。 
なおメディア・アンビシャスのホームページhttp://media-am.org/で今回の候補一覧を掲載、過去の表彰などをご覧できます。一部パスワードが必要ですので、山本へご連絡ください。

周知方をよろしくお願いします。またメディアの方のご参加をお待ちしています。

最終審査:1月28日(日) 表彰式:3月3日(土)      
 ※両日とも時間は追ってお知らせします。会場:札幌市中央区南1西5、愛生舘ビル6階愛生舘サロンまたは会議室

候補作品上映スケジュール(2018年1月)

場所:愛生舘ビル6階 愛生舘サロン(南1西5)

参加費:会員・一般とも資料代500円(各日)

                        学生無料

1月13日(土)
時間         タイトル                             制作局・時間
10:00〜10:56  沖縄 さまよう木霊(こだま)~基地反対運動の素顔~ 毎日放送・56分

11:05〜11:51  放射能とトモダチ作戦  日テレ・46分

12:50〜14:05  戦慄の記録 インパール NHK・75分

14:15〜14:42  防衛予算で研究が…科学者と安全保障 TBS・27分

14:50〜15:50  暮らしと憲法第2回 外国人の権利は NHK教育・60分

16:00〜16:51  はりぼて~腐敗議会と記者たちの攻防~ チューリップテレビ・51分

1月14日(日)
時間          タイトル                      制作局・時間
10:00〜10:50  変貌するPKO 現場からの報告      NHK・50分

11:00〜11:55  生まり島ぬ言葉忘ね 国忘ゆん      沖縄テレビ・55分

13:00〜13:50  教育と愛国~いま教科書で何が起きているのか  毎日放送・50分

14:00〜15:00  ペリーの告白~元米国防長官・沖縄の旅~ NHK教育・59分

15:10〜15:30   祖母と戦争と共謀罪~「宮沢レーン事件 記者が問う密告社会の再来

 HBC・20分
15:40〜16:26    「記憶の澱」~今だからこそ語り、残したい     日テレ・46分

問い合わせは山本(携帯090・9755・6292)へ

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です