レイチェル.カーソン北海道の会 第151回学習会

<お知らせ>
急に涼しくなって、ムクドリも姿を現し始めたこの頃です。
多くの方に声をかけていただき、多くの方のご参加いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

レイチェル.カーソン北海道の会 第151回学習会
期日 9月28日(木) 15:00~19:00
場所 北大遠友学舎 (札幌市北区北18条西7丁目)

話題提供1 15:00~16:30
◎安田秀子氏(石狩湾岸の風力発電を考える石狩市民の会)
風力発電に関連しての問題点、健康被害・環境破壊に関するお話

その内容項目
1 風力発電とはどういうものか?
2 風力発電所からでる低周波、超低周波による健康被害の実態
3 石狩湾岸の風車群建設による自然環境破壊
4 風力発電の事故
5 国が進める自然再生可能エネルギー政策
(質問込みで90分を予定しております)

話題提供2 16:30~17:00
◎久保木芳徳氏(北大名誉教授)
反重力細胞培養装置について

その内容骨子
今日のように再生医療などが盛んになる以前から、生体に少しでも近い細胞培
養の方法を確立したいと考え、5大要素説を唱えてまいりました。細胞に3次元の
家を与えるのみならず、簡単に動力学的刺激を与える方法として、従来、天井培
養として、一部の研究者のみによって実施された方法を、誰でも容易にできる装
置を考えました(反重力細胞培養装置)。忍者が必死で天井に張り付いているの
と同じように、細胞内の筋肉、アクチンが20倍に上昇することがわかりました。

折も折、脂肪細胞を天井培養すると、天井に幹細胞が生えてくることが、日
大・医学部の松本太郎教授らによって発見され、この万能細胞(DFATと呼ばれて
います)は、iPS細胞に匹敵する可能性があると分かってきました。松本教授と
は協同研究を始めました。

私達は、今回の発見は日本の再生医療の方向を変え、新しい展開をもたらすカ
ギになるとさえ考えております。」

17:00~
今後の予定等の打ち合わせ
—————————————
今後の予定
10月26日 第152回学習会 川村佳以知氏の発表
11月16日 第153回学習会 未定
12月14日 第154回勉強会 北里環境科学センター理事長の伊藤俊洋先生
————————————–
前回の学習会の要旨
第150回学習会(7月27日(木) 15時~17時)
中村由紀男氏「関東からの避難者が語る放射能汚染の真実 ~北海道は安全?~」
中村さんが北海道に移住した経緯、放射能の基礎知識、放射能汚染の現状、
内部被曝のでたらめさ、特に食品の汚染状況については詳細なデータを基に
解説していただきました。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です