「北海道の鉄道の再生と地域の発展をめざす全道連絡会」のお知らせ

JR北海道は、10路線13区間を維持困難路線とし、日高線の災害復旧も放置したままです。そして、自らの経営責任を市町村自治体に転嫁し、これができなければ鉄道の廃止もやむを得ない、という姿勢を取り続けています。また北海道庁は「選択と集中」に固執し、鉄路の再生について政府への要求を積極的に行わず、道民の立場で行動しているとは思えません。
私たちは、北海道の鉄道の再生と地域の発展を願う立場から、こうした事態を打開するために、鉄路の再生を願う皆さんと意見交換を行い、オール北海道で何らかの行動を行う場として「全道連絡会」を立ち上げることにしました。  

「JR北海道研究会」(大学の研究者で作られている研究会)および「北海道の鉄道の再生と地域の発展をめざす全道連絡会」準備会の主催のもと、10月28日1時から北海学園大学(32番教室)において「北海道の鉄道の再生と地域の発展をめざす全道連絡会」を開催します。
詳細はチラシおよび参加要請を参考にして頂きたいと思います。
予定として幾つかの自治体の首長および交通担当者から参画される予定です。

みなさんのご協力をお願いします。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です