北海道原子力防災防災訓練の 実施要綱

10月22日に泊原発周辺自治体と北海道が行う北海道原子力防災防災訓練の実施要綱がようやく15日に出ました。
以下をご覧ください。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gat/H30jisshiyoukou.pdf
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gat/h30kunren.pdf

先日、10月9日に道庁でお訪ねしたときには明かされていなかった「訓練の想定」を真っ先に確認しました。

【訓練想定】
後志地方に台風が接近し上陸する中、北海道電力株式会社泊発電所3号機において、定格熱出力一定運転中、原子炉冷却材漏えいが発生し、原子炉が自動停止に至る。
その後、非常用炉心冷却設備が作動するが、何らかの設備故障等により同設備による注水が不能となり、全面 緊急事態となる。さらに事態が進展し、炉心損傷に至り、放射性物質が放出され、その影響が発電所周辺地域に 及ぶ。

※定格熱出力一定運転中、原子炉冷却材漏えいが発生し、避難命令を出すが、台風が迫っているので、逃げるのが困難 という設定なのだと解釈しました。
 すると、やはり基本は「住民は屋内退避」が基本となってしまいます。

 毎年行っている泊村、共和町住民の避難訓練内容については昨日、泊村の住民から直接郵便で私の元に情報をお届けいただきました。(写真ですが、急ぎ、添付します)
 札幌の「避難場所」となっている場所から近い方は、できましたら避難訓練の内容などを報告していただけませんか?

 原子力事故が起こった際には札幌市民も避難するような事態になるとは思います。
 もしも自分だったら・・・と思いながら、そうした場所を参観し、その情報を寄せ合うことが大切だと思い、道民視察団は6年間、欠かさずにこの訓練内容に対する質問、要望を道庁担当部署課に出しています。

 ご協力いただける方は、道民視察団 太田規之 pcplan@sun.px.to までご連絡ください。

  報告者:マシオン恵美香(ベクレルフリー北海道/道民視察団/脱原発をめざす北電株主の会)

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です