原発事故損害賠償訴訟 現状報告会のご案内。

原告団事務局宍戸です。

2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所の事故により、生活を変えざるを得なかった人たちの裁判が全国で行われています。
2017年には群馬、千葉、福島生業。2018年には京都 首都圏、いわき、各訴訟の1審判決が出ました。
各判決の要旨とそのポイント、そして、北海道訴訟の現在の状況を報告します。
原告の皆さんはもちろん、原発事故裁判に関心を寄せて下さる皆様もぜひご参加ください。

日時 2018年5月19日(土)PM3:00~PM5:00

場所 北海道高等学校教職員センター 4F 大会議室
(札幌市中央区大通西12丁目)

☆現状報告会☆ 
講演1 北海道および全国の裁判について 北海道訴訟原告弁護団より

講演2 傍聴人になって思うこと―裁判になにを求めているのか―
        傍聴人のおせっかいな裁判解説 発行 金栄知子氏

※ 原告の皆様にはご案内差し上げていますが、 現状報告会に先立ち、原告団総会が開催されます。こちらは原告及び弁護団のみになります。

主 催  原発事故損害賠償北海道訴訟 原告団 弁護団
問い合わせ 原告団事務局宍戸090-942-5623 ippofumidasu@gmail.com

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です