帯広で行われた5月3日にみんなで憲法を読む会

帯広で行われた「5月3日にみんなで憲法を読む会」は、前札幌市長 上田文雄氏と筑波大学大学院名誉教授 進藤栄一氏の格調高い基調講演、そして対談。石川かおり衆議院議員他、立憲主義を守る地域の議員と市民による憲法条文の朗読、合唱団による歌など盛り沢山の内容でした。
参加者からの質問も多数寄せられ、安倍政権への憤懣やるかたなく会場から怒りの発言をした方もいました。
「そういう議員(税金の無駄遣いをする)は選挙で落とす!」
と上田氏が返答すると、会場から一斉に拍手や指笛が起こりました。

参加者は400名。メイン会場に入れない人は視聴覚室に、託児室でも読み聞かせなどが行われました。参加者は昨年の3倍だそうです。安倍改憲への危機感の現れだと思います。

市民の風とかちも各メンバーが猛攻をかけ件販売やその他の準備に協力しました。
「地方自治は民主主義の学校」
目覚めた個人、ひとり一人が自分の足場から声をあげていくことが大切だと改めて痛感しました。また、3000万人署名の重要さを確認しました。

森本 麗子

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です