手稲区で3.11スタンディング&リレートーク

3月11日14時からJR手稲駅北口で「東日本大震災・追悼スタンディング&リレートーク」をしました。ゲストスピーカーとしてお呼びした江別市在住で福島からの避難者・小河原美保子さんから「震災発生時の切羽詰まった現地のお話」をお聞きし、「決して他人ごとではない」ことを強く感じました。
 その後、立憲民主党の本多平直衆議院議員、須田加代子道議会議員、共産党の佐々木明美次期市議候補予定者、井上ひさ子元市議会議員からスピーチをいただき、「ふるさと」と「飯舘村の村民歌・夢大らかに」を歌い、14時46分の大地震発生時に合わせて約30名で黙祷をしました。
 立憲民主党・共産党・社民党・自由党で提出した「原発ゼロ法案」をみんなの力で成立させよう!参加者みんなの思いです。
 追悼行動の後は小河原さんを囲んだお茶会を本多さん・佐々木さんを含めた10名で開きました。小河原さんからは避難者の「追い詰められている現状」などについてお話がありました。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です