手稲区民の会は「平和ってい~ね!ていね区民の会」へ

2月17日、手稲区民の会(市民と野党の共闘を求める手稲区民の会)は第2回総会を開き、次の目標を「安倍自民党政権下で進められようとしている憲法の改悪に反対と民主主義と立憲主義の回復」に絞り、名称を『平和ってい~ね!ていね区民の会』(略称「ていね区民の会」)に変えて再スタートしました。
総会後は10月の衆議院選挙をともに闘った“本多平直衆議院議員と佐々木明美比例区候補のご苦労さま会”を兼ねた懇親会を開きました。懇親会には近々立憲民主党に移行する予定の須田靖子道議会議員と小野正美市議会議員、同じ4区の市民の会・小樽、後志住民の会の仲間も駆けつけてくれました。締めは、この日のために練習した”手稲区ライブ隊”の登場。「♪沖縄 今こそ立ち上がろう」(元曲・美しき五月のパリ)や「平和ってい~ね!ていね区民の会」(元曲・リパブリック讃歌)などを参加者一同で歌いまくりました。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です