新聞読んで語ろう会 7月12日例会の報告

2017.07.12例会報告です
琉球音楽を聞きながら 福島~沖縄の話題で盛り上がった。

中古車売買に放射能測定結果添付の実例:写真で紹介。
(東北~関東の非公式な慣習が北海道にも上陸?)

「排ガスいやなら抗議やめろ」 警備部長 辺野古の排除対応容認:琉球新報7/8
・放射能が目に見えないが、飯舘村の例などはスピーディーなどで可視化されていたのに隠され公表されなかった(IAEAなどは医療情報なども独占している)・・・事実の情報を公開すると混乱を招くという 「お為ごかし」「大衆蔑視」「成り行き任せの無策」
・管元総理の原発廃止方針は正しかった、原子力ムラにやられた・・・自由党小沢党首の罪は冤罪か・・・佐藤栄佐久知事の例もある
・北海道でもアイヌ語を日常使っている人がいなくなっている。沖縄ではどうなのか?
・北方領土には日本人(アイヌ)が住んでいたから日本領という論拠には疑問?
本土人が「沖縄を返せ」というのも同様に疑問?

ここで、都知事選後の、日本の政治情勢に話題が移った。
・安倍政治の化けの皮がはがれつつあるのは結構なことだ
・肝心のこれに反対する市民と立憲野党の共闘の軸となる経済政策が明確に示されていない。何を旗印にするのか?
・エキタス(AEQUITAS)って何だ?ラテン語で「正義」「公正」という意味らしい
・若者の市民運動の団体で最低賃金1500¥/Hを主張しているエキタスの勉強をしようか・・・熟年版エキタスはどうか?

今回提示され残ったテーマ
「森の生活から聞こえる太鼓」日曜に想う:朝日7/9
・鶴見俊輔~ソロー~劉暁波~茨木のり子
「数年のうちに次の」過激派がやってくる」:道新7/12
宗派対立や内戦・・・消えぬ「素地」

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です