本日の昼街宣(九の日行動)報告

皆様、中央区西岡です。

STOP安倍政治!中央区実行委員会は、本日30日(月)12:00~12:30、中央区革新懇主催の九の日行動 (昼街宣と統一署名)に参加しました。強い暑さを強風がやや緩和してくれた中で、5名が活動し、11筆の署名をいただきました。中央区革新懇の石橋さん、中央区実行委員会の西岡、中央区革新懇事務局長の岩崎さんが以下のようにスピーチしました。

石橋:

「私たち、札幌中央区の革新懇は、平和、民主主義、暮らし充実を求め、安倍九条改憲に反対し、九の日の行動に取り組んできた。統一署名は全国で18百万の署名を集めた。この力で、安倍政権の今国会での改憲発議を阻止した。次の国会にむけ、3千万を達成したい。」

西岡:

「鳩山友紀夫元総理はインタビューに答えて、新しい米朝関係を歓迎する。朝鮮半島ばかりでなく東アジア全体の平和共同体制の構築を、野党が共闘する50年、100年の外交構想として示すべきだ。日米安保についても思考停止から脱却すべしと言う。その通りだと思う。」

岩崎:

「安倍政権が『種子法』を廃止したのを知っていますか?農業持続のために種を守るのが種子法。これを廃止し市場に任せた。遺伝子組換植物を全世界に撒き散らす。食の安全危機をもたらす。米国などの独占企業ボロ儲け→政治献金の構図。頑張って政治を変えよう。」

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です