(12/1)の「遊」の講座のご案内 「記者よ、お前は自由か?」~やられたらやり返せ・監視報道

12/1)の「遊」の講座のご案内です。
シリーズ「共謀罪のある暮らし」の第二回は北海道新聞を退職されたばかりの徃住嘉文さんを迎えます。
この回のみの参加も歓迎いたします。
===============================
「共謀罪」のある暮らし
―監視される市民社会
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=588

第2回
「記者よ、お前は自由か?」 
~やられたらやり返せ・監視報道

日 時 12月1 日(金) 18:45 ~ 20:45
会 場 さっぽろ自由学校「遊」(愛生舘ビル5F 501)
受講料(単発) 一般1,500 円 会員1,000 円 ユース500 円

●講師 徃住 嘉文(とこすみ よしふみ)さん
 日本ジャーナリスト会議北海道支部事務局長。北海道生まれ。元新聞記者。
共著に『沖縄密約をあばく』(日本評論社)、『緊急事態条項で暮らし・社会はどうなるか』(現代人文社)など。

国連の表現の自由特別報告者デビッド・ケイは言う。記者は政府だけでなく会社からも自由でなければならない、と。記者を監視しているのは会社だから。答えは市民の中にある。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です