10区の野党統一候補の実現を求める会の総会。

岩見沢では「10区の野党統一候補の実現を求める会」の総会を開き、名称を「市民と野党の共闘を進める10区の会」と改めました。

1部では高崎暢弁護士の「憲法学習会」
2部、「総会」という構成でした。
高崎弁護士は「9条自衛隊明記」問題と「緊急事態条項」の解説をしていただき、「市民と野党の共闘」で頑張れば「今ならまだ間にあう」
と力を込めて話をしていただきました。
総会には、立憲民主党 神谷議員と共産党 女鹿さんが来られて挨拶をいただきました。
参加者は約40名、改憲阻止、安保関連法などの廃止と共に地域経済に関わる問題についても市民と野党の共闘を強め、いつあっても
不思議ではない次の選挙では、必ず選挙区で勝利させようと決議しました。又、来年の一斉地方選、参議院選挙でも市民と野党の共闘を
進めるために何が必要なのか、協議しながら取り組んでいくことも確認しました。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です