7月23日の朝街宣報告

皆様

STOP安倍政治!中央区実行委員会は、7月23日(月)8:00~8:30、東西線西28丁目駅前で定例の朝街宣を行ないました。参加者は7名、統一署名2筆いただきました。小形かおり市議、新社会党木山さん、実行委員西岡が以下の訴えをしました。

小形:

「共同通信の調査。豪雨災害の政府対応評価せず-62%、IR法案反対-64%、参院定数6増案反対-55%。にもかかわらず、国会では数の力で押し切られている。来年7月の参院選挙に野党共闘で勝利し、そのネジレで衆院解散に持ち込もう!」

木山:

「安倍首相は憲法九条を変えて、日本の若者を米国の戦争に送り込もうとしている。防衛大の卒業生さえも自衛隊に行かないと、次に来るのは徴兵制だ。息子を取られて泣いた母親を『非国民』と呼んだ、そんな社会にしてはならない。」

西岡:

「安倍首相が、首相も議員も辞めると大見得を切って始まった通常国会。森友・加計につまずき、延長国会ではロクな審議もせずに、悪法の強行可決の連続。こんな政府による改憲を許す訳には行かない。」

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です