26日(土)の大街頭宣伝報告 STOP安倍政治!中央区実行委員会

STOP安倍政治!中央区実行委員会は昨日26日(土)12:30-13:45、大通公園西3丁目で、財務相辞任、内閣総辞職を求める大街宣Part-3を行いました。
快晴に恵まれ、行動参加者は約35名、統一署名38筆をいただきました。

弁士は以下のとおり(登壇順、敬称略):
村上ゆうこ(立憲民主党札幌市議)、小林久公(市民の風・北海道)、桝井妙子(北海道合同法律事務所)、木山誠二(新社会党)、佐藤典子(市民ネットワーク北海道)、渡辺信一(自由党)、藤川まさし(立憲民主党北海道議)、神保大地(さっぽろ法律事務所)、森つねと(日本共産党)、小形かおり(日本共産党札幌市議)

スピーチでは、「“働き方改革”は、過労死推進法だ。首相は遺族が希望した面会を断り財界人との会合に向かった。」「加計・森友問題については、予算委とは別委員会を設け、国会閉会中も徹底審議つづけるべき」「韓国の前大統領は実刑判決を受けている。安倍首相も逮捕、告訴すべきである。」「安倍政権の暴走を止められるのは市民と野党の共闘。来年の参院選改選で40議席伸ばせば与野党逆転する。」「九条を変え自衛隊員を戦地に送ろうとする安倍政権、これを止めさせる署名とともに市民の皆さんの立憲野党への支持をお願いしたい。」などを訴えました。



SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です