6/23憲法講演会報告

6月23日横路孝弘さん講演「日本国憲法と日米安保体制」には85名の参加者がありました。

冒頭言われた「国民が憲法を守るのではなく憲法が国民を守るのです。」の言葉が印象的でした。

憲法改悪による民主主義の危機、安倍政権が強行成立させた安保法制の問題点を具体的な事例をあげわかりやすく解説してくれました。参加者は自民党の憲法改正草
案(現行憲法対照)27pとともに32pに亘る歴史的資料(南京事件、従軍慰安婦問題、戦前期日本の出兵一覧、ワイツゼッカー氏演説要旨、マッカーサー元帥証言
等々)を手にし、歴史を踏まえ真実を知ること、問題意識をもってひとつひとつ抵抗する事の大事さを改めて考えさせられた講演会でした。横路さんにはぜひ政界に復
帰してほしいとの声も上がってました。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です