9.15 マルクス生誕200年『講演会』のお知らせ

「3区市民の会」の野口です。

 

台風21号,北海道胆振東部地震で被災された皆様方にお見舞い申し上げます。

自然の力は恐ろしいものです。人間の力と知恵で自然をコントロールし,自然と共生できるようになるまでは,まだまだ時間がかかりそうです。

 

添付したチラシのように,9月15日(土)にマルクスに関する講演会が開催されます。

今日の資本主義社会は,資本のグローバル化,金融投機化に伴い,世界的規模での人民各省の貧困化,格差の拡大,繰り返される経済恐慌・経済危機,地球規模での環境破壊,植民地支配の重大化等々の深刻な矛盾と危機が蔓延しています。

今年はマルクス生誕200年,昨年は『資本論』第1部発刊150年です。改めて,マルクスは,この資本主義社会をどのように分析し,解決の道=未来社会をどのように描いたのかを学び直すことは,有意義ではないでしょうか。

 

『経済学を学ぶ会』(主宰 唐渡興宣北大名誉教授)は,毎月20名前後で学習する市民講座を開催しています。今回の企画は,年に1回の一般の方に呼びかけて行う講演会です

多くの方々の参加を呼びかけます。また,チラシの拡散をお願いします。

 

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です