「そしあるハイム」火災事故について市長あて要請行動を行いました

「市民自治と平和をめざす北区・東区の会」(旧名称は「市民と野党の共闘をもとめる2区の会」)では本日、下記の要請行動を行いました・・・以下、当会のFBより貼り付け。

1月末に東区の共同住宅「そしあるハイム」で発生した痛ましい火災事故をうけ、本日、当会では世話人が札幌市役所を訪問し、市長あてに「だれもが安心してくらせる住宅施策の充実をもとめます」との要望書を提出しました。
要望事項は、1.火災の原因究明をおこない、同様の共同住宅、施設について実態調査をおこない必要な施策、予算措置をとること  2.生活困窮者、高齢者、障がい者が入居する住宅や施設を運営する団体の現状を調査し必要な対策、支援を行うこと  3.希望する人が入居できるよう市営住宅の整備、拡充をはかること  以上です。
その後、自民党、民進党、公明党、共産党、市民ネットワーク北海道、維新の党、無所属の北区・東区の市議団を回り、同様の要請をしました。
さらには、立憲野党の北区・東区の市議には会の名称変更と活動内容についてお知らせし、引き続きのご支援をお願いしました。

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です