ご案内 「市民と野党の共闘を求める1区の会」(仮称)設立の集まり

安倍政権は、民主主義を破壊し立憲主義を破壊し、私たちの暮らしを破壊しています。安倍政権は、何時攻めてくるか分からないと戦争の脅威をあおり、マスコミ操作で支持を広げ国会で三分の二を占める勢力になっています。
このままでは、格差社会は改善されず、人々の生活はますます不安定になり、未来に希望を持つことがますます困難になります。
安倍政権は、憲法を改悪して基本的人権を制限し、個人が個人として多様な生き方することを認めない国家による統治社会にしようとしています。
誰がこのような社会にしたのか、それは私たちです。私たちが主権者として行動してこなかった結果です。私たちはこのような自己反省の上に、政治家、政党にも責任と変化を求めます。
安倍政権の暴走にストップをかけ、民主主義を守り、憲法改悪を阻止し、戦争法を廃止し、立憲主義を実現するためには、次の国政選挙において野党が共闘し、統一候補を実現させ選挙に勝たなければなりません。
そのために、衆議院北海道1区において、1区の市民が力を合わせ、市民と野党の共闘と統一候補の実現を求める取り組みを行うために、「市民と野党の共闘を求める1区の会」(仮称)の設立を呼びかけます。
設立集の集まりを下記の通り開催しますので、お知り合いをお誘いのうえお集まりください。


日時 11月19日(土) 午後1時から3時まで
場所 札幌エルプラザ4階 男女共同参画研究室2番
札幌市北区北8条西3丁目

2011年11月12日
呼びかけ:「市民と野党の共闘を求める1区の会」(仮称)
よびかけ人 (各区、お世話係)
中央区 高原久美子、西岡紘一、
西区  織本義昭
南区  加賀谷義治、椙木晃子、土井寿、小林久公
連絡先
小林 久公
〒061-2273 札幌市南区豊滝2丁目9-6
FAX 011-596-5848 携帯電話 090-2070-4423
Eメール q-ko@sea.plala.or.jp

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です