7区 市民が応援 石川明美氏の 公示日第一声

7区 市民が応援 石川明美氏の 公示日第一声

 今朝、10時に釧路市新橋地区のショッピングセンター前大通で、7区から衆議院議員選挙に出馬する石川明美さんを激励するため、共産党、社民党、ほか政党に属さない大勢の釧路市民が結集しました。

 まず、共産党市議団を代表し、村上 和繁士が御礼の挨拶を、次いで元道議会議員 西田明紘氏が「立憲民主党を支援する釧根の会」が出来たことに加え、石川氏を市民と野党で押し上げる意味について期待を込めた挨拶をし、次いで社民党を代表し、津田孝釧路支部長の激励挨拶、「市民と野党共闘を求める釧根の会」を代表し、工藤和美氏が石川明美候補を市民と野党が押し上げる共闘実現を慶ぶ内容の挨拶をされました。
 石川明美候補は安倍政権に対する批判、これからめざす社会を実現するために、解決しなければならない諸問題、公約について、分かり易い言葉で訴えましたました。

 出発30分前には250名ほどの釧路市民が狭い通りに集まり始めましたが、混雑していたため、ピークに何人集まったか判りませんでした。
 集まった市民は思い想いのキャプションパネルやノボリ旗、横断幕を持っていました。

 第一声のときのようすはフェイスブック上でアルバムにしてありますが、こちらにも数枚、送信・お知らせします。
www.facebook.com/emika.massion/media_set?set=a.1492621980834792.1073742228.100002610130050&type=3&pnref=story

SNSをご利用の方は情報をシェアしてください。

Shortcodes Ultimate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です